あべあいりの悶々MON!

宮城県気仙沼市出身 美味しいものをたくさん食べてすくすく育ちました。 「書いて育つ子」になるために、悶々をもっと 言葉にしていきたいと思います。ときどきポエマー。

わたしの心の肥やしになった本と漫画と映画-2017年4月

 

4月の1ヶ月間、心がちょっと鬱々としていたせいもあって

インターンとバイトをお休みさせてもらいました。

 

その間、大学を思う存分楽しんだりして、大学の仲間と過ごしたりして過ごしました。研究会に入ったことで大学で得られる知識や会話が今までの何倍も楽しく感じられたり、新入生がうごめきあう中で生まれる新たな出会いだったり。

 

今考えると、どうして日々を鬱々と過ごしていたのか分からないのだけど。心の支えにしていた人たちが大学を去ったり、原級して奨学金が止まるっていうピンチだったり、一気に不安が押し寄せて、心の余裕がなくなってしまったのよね。

 

 

そんなちょい鬱のなか読んだ本や観た映画をさらっと紹介していきます。笑

 

 

ハゴロモ (新潮文庫)

ハゴロモ (新潮文庫)

 

ちょっと疲れたときにはよしもとばななさんの本と決めています。8年の恋が終わって、喪失感や絶望を味わった灰色の世界に少しずつ出会いや出来事が色を重ねていくような物語でした。いつもばななさんの作品はいろんな境遇があって良いことを教えてくれます。

 

母性 (新潮文庫)

母性 (新潮文庫)

 

 母と娘の偶像劇風に書かれている本。わたしは読みながら「このお母さんは代理性ミュンヒハウゼン症候群の特性があるな、、、」とか考えてしまったら、その通りにしか読めなくなってしまったのだけど。笑

家族が家族であり続けることは実は難しく、とっても時間がかかることだってあるのだな、と思った作品だった。

 

ボロボロになった人へ (幻冬舎文庫)

ボロボロになった人へ (幻冬舎文庫)

 

 短編がぎゅっと詰まった1冊。リリー・フランキーの本といったら『おでんくん』くらいしか読んだことがなかったんだけど、彼の文章は後半になると調子が出てくるようなテンポ感があって、そこから物語も面白くなる。サラッと読めました!

 

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)

 

今月の大ヒットはこの本。また別記事でこの本のことは紹介しようと思いますが、岡本太郎の本は言葉がチクチクして今まで読めなかったのです。それがタイに来て読み始めるとスラスラ頭に入ってくるし、心に響いてくる。

 

研究会の先生の本、全国のヘルスコミュニケーションが発展している地域の取り組みが載っています。 宮城県の事例も載っているし、鶴岡の事例も載っている。なんだか身近に実は

 

パンティストッキングのような空の下

パンティストッキングのような空の下

  
ユートピアズ (ヤングサンデーコミックス)

ユートピアズ (ヤングサンデーコミックス)

 

 彼の作品は初めて読みましたが堪らんです。絵が上手いですし、ハラハラ、ドキドキしながら、頭をフル回転させながら読みました。読み終わるといい具合の脱力感があります。

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 とても良い漫画でした。活字ではなく漫画で紹介されているストーリーや実践的な気付きやエピソードがあります。わたしもちょい鬱の中で「どうしてわたしはいつもこんなに落ち込んじゃうの?」と思っていたけど「なんだ、それでも良いのか」と思えるようになりました。気分転換になった!

 

 単純にちょっと読み始めたら止まらなくなって読んでしまいました。ドラマにもなってるみたいです。(知らなかった)

 

食糧人類?Starving Anonymous?(2) (ヤングマガジンコミックス)

食糧人類?Starving Anonymous?(2) (ヤングマガジンコミックス)

 

 これも気分転換に読みました。グロかった。でも続きが気になる。

  

 こちらも気分転換。原作を読みたいと思って3年くらいが経った。未だ読めず、、、

 

マンガでわかるイスラムvs.ユダヤ 中東3000年の歴史

マンガでわかるイスラムvs.ユダヤ 中東3000年の歴史

 

 こちらも気分転換です。

 

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

 

 やっぱり良い映画だった。政治の世界よく分からない人間なんですが、そうなのかーと思って観ました。社会の先生の家に育ったからなのか、小さい頃からゴジラは見せられていて当時5歳の阿部は怪獣映画だと思って何度も観ていたけど。大人になってから観るとちょっと違うんですね。

 

 こちらは感動ですね。アスペルガーセクシャルマイノリティである天才数学者の実話。わたしはこういう映画大好きですね。

 

 ひまつぶしです。面白かったけど、ハリーポッターと比べてしまったら・・・。というか主人公がレミゼにも出てくるので、キャラの違いに戸惑った。

 

 何度も見返しているけど、久々にまた見返しました。正義とは?愛とは?自由とは?みたいなのを何度も考えてしまうのですよ。色んな形での正義や生き方があるのですよね。実践できるのかは別として、定期的に問いを取り戻すためのきっかけとして観続けたい。

 

 ひまつぶしです。

 

 

 

 

 

20代女子への殺傷能力高めな『サプリ』とは。

 

こんにちは、あべです。

今日は20代女子が読んでおきたい殺傷能力高めの漫画、おかざき真里さんの『サプリ』を紹介したいと思います。

 

といっても、この漫画を読んで欲しい人種は…

 

◇「色気」「女っぽさ」「かわいい」「女子力」という言葉がむずがゆい

◇自分で自分を「かわいくないなー」と思うことが多々ある

◇人になかなか甘えられない

◇自分の夢ややりたいこと、信念がはっきりしている

◇正義感ややりがい、情熱とか本気で信じて体現したいと思ってる

◇どうやっても抜け出せない「ダサい感じ」が自分に漂う

◇お洒落でメイクも上手くて、完璧な女子をみて1人で葛藤している

 

もはや書きながら心が痛ぇ…。こんな人には読んで欲しいです。

グサグサして欲しいです。そして「そう、こういって欲しかったの」と言語化されて救われる感覚を味わってほしい!!

 

それでは『サプリ』紹介していきます。

 

 

サプリ (1) (FC (335))

サプリ (1) (FC (335))

 

 

舞台はキラキラ感の花形である広告業界。アラサー藤井さんが主人公です。小さい頃にみたCMに釘付けになり、「自分もこんな風に人の心を揺さぶるCMをつくりたい」という信念で広告業界に入社。

 f:id:airi-abe0525:20170331203129p:image

いわゆるバリキャリで夢ややりがいを持って、徹夜だろうが短時間睡眠だろうがタフに乗り切るホンモノの仕事人。折っても折れない図太いメンタルがあって、わたしは本当に憧れてしまう…。

 f:id:airi-abe0525:20170331203021j:image

一方で、頑張った分だけ解がある仕事に対して、解のない恋愛にはちょっと奥手だったり、距離感や駆け引きみたいなのが得意じゃない、不器用な感じ。人とな比較やコンプレックスも感じやすいところもあります。

f:id:airi-abe0525:20170331203100p:image

 

いろんな恋愛をするし、藤井さんの周りも個性的で面白い。だからってただの恋愛漫画じゃない。私にとってはもはやケーススタディ教材。笑

 

女として働くってなんだ、とか、恋愛をおろそかにして仕事にのめり込んだときの孤立感とか、だからと言って恋愛だけに軸を置くのは、ちょっと違うんじゃない?っていう藤井さんの葛藤とか。とにかく共感度が高い。

f:id:airi-abe0525:20170331203655p:image

女の子はそこまで強くないし、強いところもあれば弱いところもある。「あー、藤井さんも泣くのかーだよなー」とか思いながら読んでいました。救われます。控えめに言って最高です。

 f:id:airi-abe0525:20170331203711p:image

 

それでも自分の足で立って、自分の人生を歩んでる人ってかっこいい。女の人が恋愛や結婚・出産もしながら働き続けるって色んな傷を伴うかもしれないけど、傷を受け止めて抱えて生きることも、見る人が見れば勲章であって、それも立派な仕事だと教えてくれるような漫画です。

 

この漫画でわたしが最も学んだことって、おそらく藤井さんの人生へのコミットの強さかなーと思います。女としての働き方や仕事と女としての生き方の固定観念に囚われず、自分のやり方を模索し、見つけていきます。時代や社会の空気感に負けないように全力疾走してる姿に惚れました。

 

結果的にそういう人生にしていきたいのなら、若いうちからの積み重ねだと思います。「藤井だから、まあ、大丈夫だろう」と言わせるくらいやってないとダメだよなー、とか。

 

ある時は目的の達成のためには足が震えるくらい騙されたり、自分が惨めになったりしても貪欲に頭を下げながら、仕事を遂行する、とか。

f:id:airi-abe0525:20170331205016p:image

f:id:airi-abe0525:20170331203805p:image

 

とってもしんどいことだけど、藤井さんをみていると捨てた先に実は人からの信頼がついてきてる。そういうの、わたしは今まで誰にも教えてもらったことはなかったから、本当に学びになったなぁ。

 f:id:airi-abe0525:20170331205035p:image

ここまできて、全く自分が説明しきれていないことに気が付きました。笑

 

就活や社会人なりたてくらいの女子には読んでほしいなぁ。人生で何度も読み返すであろう漫画になるはずです!

 

『サプリ』は全巻10冊なので古本屋さんとか、Kindleとかで買っちゃうのがオススメです。わたしはKindleで購入しました!そして、できればまとめ買いしちゃった方が割引のポイントも付いてくるのでオススメですよ〜〜。

 

3月わたしが読んだ漫画の中でも最もグッと学びになった おかざき真里さんの『サプリ』の紹介でした〜〜!それでは、またね。

 

4月です

 

4月です。

どうしたものか、わたしは少し憂鬱です。

 

今年が始まって4ヶ月。

何も変わってないなー。

 

明日から使える手帳。使えるかしら。

f:id:airi-abe0525:20170331195715j:image

新年度からはじめるいくつかの挑戦。

 

誰でも初めはドキドキするもの。

やってやろうと思うもの。

でもそういう感情もいつか日常の中に溶けてなくなって怠惰になる。

 

どうも自分を律することが苦手。

続けるって大変。

コンディションはその日ごとに違う中で、どうやって同じ思いや考え方でいたら良いのだろう。

 

今年は去年より多くの人と出会いたいなぁ。

人はなかなか変わらないけど、人を変えられるのは人なんですよね。

誰かに変えてくれとは言わないけど、らしく生きれる環境は整えたいです。

 

家族みたいな友達を増やしたいなぁ、なんて思っています。

 

あともっと料理が上手くなりたいなぁ。コンビニや外で食べるご飯にもう飽きてしまったし、自分で美味しいご飯をつくれるようになりたいなぁ。 

f:id:airi-abe0525:20170331200959j:image

 

タイミングがあったら家族で旅行にも行ってみたいし、しばらく長い間実家にいるってこともしてみたい。家族のご飯をつくるってことをしてみたい。

 

んー、新年度はもう少し自分の体力と精神的なところを考えて、ゆっくりどちらも醸成したり高めたりしていきたいなぁ。

 

意外とこれまで焦ってばかりで学ぶことにコミットできていなかったと思って、この3月で学び取る力を少しずつつけたいなぁと思った次第。

 

あと、月末は久々の海外旅行、一人旅。いつかちゃんと学びたいと思ってたことを勉強してくる。マッサージは趣味みたいなものだけど、それなりにわたしの仕事としてやっていきたいなぁ。

 

あー、4月、実は憂鬱だと思っていたけど、書き出してみたら意外と楽しそうじゃないか。良い生活送れそうじゃないか。

 

どうにかなりそうな時は、やっぱり書き出すと心が落ち着く。コンディションも少しずつ整う。この時間大切にしよーっと。

 

よし、4月、100%で頑張ろう。